忍者ブログ
Admin*Write*Comment
あした、晴れたら
[100]  [99]  [98]  [97]  [96]  [95]  [94]  [93]  [92]  [91]  [90
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

本日の更新は、REBORN『つーくんとランラン』です。
標的136以降、つまり白蘭編の内容を含みますので、ネタバレが嫌な方はご遠慮下さい。
つーくん(綱吉)とランラン(白蘭)を中心とした話です。

ミクシィでツナと白蘭が「つーくん」「ランラン」と互いを呼び合う話を書いたのですが、それが意外に楽しかったので小話にしてみました。
作中内に簡単な設定があります。敢えて言うなら、入江君が本当はボンゴレに入りたがっていることと、ツナの奥様が三人いることくらいです。後にいろいろ加わるかもしれませんが。
とりあえず『ボンゴレのつーくん』と『ミルフィオーレのランラン』と『アサリとパンダ』と『反ミルフィオーレ軍団』の四つを。気が向いたらまた増やせたらなぁと思います。
本誌の展開は面白い感じに「消えた未来」扱いです。本誌の未来はツナたちが変えたので、その未来は来ません。来たのはやっぱりツナ様の世界。そしてお友達にミルフィオーレ。そんな感じです。
白蘭の呼び名は「びゃっくん」と迷ったのですが、それだと千本桜の御方になってしまうので止めました。
入江君の憧れの人はツナです。ミルフィオーレに拉致られていっぱい苦労して気まぐれランランの相手とかさせられて何で僕がこんな目にとか思っていたところ、沢田家一人息子で夢のボンゴレファミリーのドンがそんな一癖ある者たちを掌で転がしていることを知り、一気に傾倒しました。捏造ざくざく詰め込んでます。本誌の入江君もボンゴレに入りたいがためにボンゴレ情報を集めていればいい・・・。
アサリを玄関ホールに置くにあたっては、ツナとリボーンの間で一悶着あったんじゃないかと。XANXUSはアサリとしばし見詰め合い、諦めました。ベルとか獄寺君とかベルとか獄寺君とか山本とか獄寺君とか骸さんとか雲雀さんとかベルとか獄寺君とかロンシャンとかが綱吉人形を持っていこうとするので、特殊な護衛システムとかくっついているかもしれません。奥様方手製の人形は一点物の良品です。
そんなツナの奥様は三人いるのですが、別名愛人御三家とも言います。ここらへんについてはまた書いてみたいです。凪ちゃんが一番、ハルが二番、京子ちゃんは三番。これはプロポーズの順になってます。久堂は京子ちゃんは置いていく派なのですが、ジャンプ本誌の影響を受け、十数年後に京子ちゃんが追いかけてきてもいいなぁと思いまして。
ツナ様はいろんな螺子が飛んでます。平常時は全部ちゃんとしまってる昔ながらのツナですが、スイッチが入ると同時にぽんぽん抜けます。カウントダウンが必要かも。
とにかくそんな感じで、つーくんとランランをお送りしました。
PR
  • ABOUT
夢やCPなど、よろずに好き勝手綴ってます。何でも大丈夫という方のみどうぞ。
  • カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
  • ブログ内検索
Copyright © あした、晴れたら All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics*material by 工房たま素材館*Template by Kaie
忍者ブログ [PR]