忍者ブログ
Admin*Write*Comment
あした、晴れたら
[63]  [2]  [64]  [56]  [1]  [11]  [12]  [13]  [14]  [15]  [16
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

本日の更新は、『噺に五つの花が咲く』です。
そのままのとおり、短い小話を五つ。タイトルは「群青三メートル手前」様から拝借してます。
30個書けず五個で断念。いくつかはミクシィからの再録になってます。

『帰ってくるまで、起きてるからね』は神楽耶とルルーシュで、これは『友は死んだ』の原型となった話です。最後の最後の戦いの日の早朝の話。神楽耶の言う「スザクが来ずにはいられないくらい」というのは、もちろん「あの世から」ということです。スザクに対しての共犯者である二人。

『ぐるりと巡った想いの末路は、』はカレンとルルーシュです。17話直後くらいの話かと。ゼロが誰かを知らないままに、ゼロのためにスザクを殺すと言うカレン。普通のはずなのに、だけど擦れ違っていく感情と行動。みんなまだ17歳なのに・・・ううう。

『其の名はあまりにも神聖で』はミレイとルルーシュで、ミレルルです。ええ、まごうことなきミレルルかと。ミレイはルルーシュが皇子だということを知っている唯一の女の子(C.C除く)なので、やっぱり秘密の関係が似合いそうだなぁと思いまして。

『奇跡からの逃走』は16話直後、マオマオが退場した話です。マオマオに対して、ルルーシュからの葬送。ルルとマオマオは敵対しましたけれど、やっぱり互いにしか分からないものもあったと思います。そこにはC.Cでさえ入れない、ギアス所持者としてのものが。なのでそんな話です。

そして最後、『どうせなら愛してると叫べば良い』はスザクとルルーシュです。戦場で会った二人。「俺」スザクと、「僕」ルルーシュ。10歳のときのまま成長することが出来なかった二人の最後です。あぁでもこれもまだ救いがある気がする・・・。アニメがどんなことになるのか本気で怖いです。ぎゃう。



憂郷香夜様、トキハル様、十一月二十九日様、バトンをありがとうございます! 今はちょっと立て込んでいるので、連休明けにでも答えさせて頂きたいと思います。
朋様、メールの方、確かに届きました。ありがとうございます! 追ってお返事させて頂きます。ロイルルのネタの神が降りてきますように・・・!

リボツナ原稿、どうにか書ききりました・・・。あとはレイアウトと送信。でもやっぱり久堂の書く話なので、友愛敬愛>恋愛チックになってしまった・・・。ですがちゃんとリボーンとツナがメインになったかと。良かった良かった。
次はスザルル原稿の構想を練らねば。あぁでも書きたい話が他にもある・・・! ぐるぐる迷走しそうです。
PR
  • ABOUT
夢やCPなど、よろずに好き勝手綴ってます。何でも大丈夫という方のみどうぞ。
  • カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
  • ブログ内検索
Copyright © あした、晴れたら All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics*material by 工房たま素材館*Template by Kaie
忍者ブログ [PR]